綺麗な肌になるには?これに気をつけるだけ!

2017年10月31日
投稿先 未分類

お湯の温度に気をつけよう

熱いお湯は必要以上に皮脂を落としてしまうので顔の乾燥やくすみの原因になってなってしまいます。水洗顔の美容法が口コミで広まりましたが、水洗顔では顔の毛穴を引き締めてしまうのでニキビが増えてしまったり、冷たい水は冷えるので血行不良を起こしてしまうこともあります。ぬるま湯は熱いお湯と冷たい水の中間で丁度いい温度なので綺麗に皮脂を洗い流すことができます。洗顔するときは30度から40度程度のぬるま湯で洗うようにしましょう。

刺激を与えないようにしよう

肌はデリケートなのでお風呂でシャワーのお湯を顔に直接当てると肌にダメージが与えられ弛みやシワの原因になってしまいます。シャワーの水圧は想像している以上に強く、肌には良くありません。お風呂で顔を洗うときにはシャワーの水を手でかけたり、手でお湯をすくって優しく顔にあてて洗顔しましょう。手でゴシゴシと洗うことやタオルでゴシゴシと拭くことも肌へのダメージとなってしまいます。なるべく顔に触らずに洗い、タオルで擦らないようにして優しく水分を拭き取りましょう。長時間洗顔料を顔につけていたり洗っている事も肌への負担となってしまうので洗顔時間はなるべく短くしましょう。

紫外線に気をつけよう

紫外線はシミや弛みの原因になってしまいます。外出する際には日焼け止めを塗り日焼け防止をしましょう。日傘を使うとより高い日よけ効果が得られます。内側が白い日傘は、地面で照り返した紫外線を自分の方向へ反射させてしまうので逆効果になってしまいます。内側が黒い日傘を使うと紫外線を吸収してくれるので、日傘は外側が白く内側が黒い物がお勧めです。

品川美容外科の起訴について詳しく