中年になってからこそわかる!年代別、注意すべき美肌法とは?

2017年10月31日
投稿先 未分類

ニキビ世代10代が注意すべき点

赤ちゃんのようなつるつる肌は思春期を境にがらっと変わります。10代は、紫外線を気にせず外で活動しても大丈夫です。皮がむけるほどの日焼けをしても、冬頃には元の肌に戻っているものです。ただ15歳あたりからニキビ肌に悩まされる人がいます。このニキビとっても厄介です。むやみに掻いたり不潔にしておくと、跡が残って後々とても後悔しますので、かならず評判の良い皮膚科を定期的に受診してきれいに治してください。

恋に仕事に忙しい20代が注意すべき点

20代でもまだまだ日焼けが似合うお年頃ですが、後半になるにつれて無茶をするとシミになりますので、肌の弱い人は日焼け対策を始めましょう。社会に出てストレスも増える時期です。お酒やたばこをはじめ、毎日のメイクもあるので、肌に負担がかかります。必ず毎日メイクは落とし、清潔な肌を保ちましょう。

仕事に育児にバタバタ30代が注意すべき点

30代は肌に個人差が出始めます。特に30代後半になると、しわやシミで老け顔になってしまう人も見かけます。お金に余裕があり美容サロンでレーザーやヒアルロン酸を定期的にできるのであれば気にする事はあませんが、なかなかそうもいきません。この世代が特に注意すべき点は「保湿」と「紫外線対策」です。仕事が忙しくてもクリームを、育児で公園通いでも帽子とサングラスを忘れずに。

ただのおばさんより美魔女でいられる40代とは?

40代はちょうど人生の曲がり角です。。基本は30代と同じケアで大丈夫です。年齢を受け入れ美しくあればよいのです。この頃になると、生活感や人格が顔に現れてきます。お金をかけた美しさを手に入れても、なんだか近寄りがたい人っていますよね。外見だけでなく内面にも目を向けて、いつもニコニコ楽しく過ごしたいものです。

品川美容外科の訴訟まとめサイト