食事で出来るリバウンドを防ぐ方法4選!!

2017年8月3日
投稿先 未分類

食事はサラダやフルーツから食べてみる!!

野菜やフルーツから食事を取るようにすると、食事の全体の摂取カロリーが減る場合が多いようです。サラダのような野菜類などは、ボリュームがありカロリーが低いため、満腹感に繋がって食事の量を抑えることが出来るようです。また、糖の吸収が緩やかなため、肥満や慢性病のリスクを下げることにも効果的です。

間食にはナッツ類がおすすめ!!

不飽和脂肪酸は、ダイエット時の体重維持に効果的なようです。不飽和脂肪酸が多く含まれるナッツ類を、ゆっくり意識的に食べることで、満腹感が得られ、腹持ちも期待できます。ナッツ類は適度な量を取ることで、美容にも良いとされているため、一日40g程度を目安に摂取するのがおすすめです。

ながら食いはカロリーの取りすぎに!!

仕事や家事をしながら食べ物を食べると、満足感を感じにくく、余分なカロリーを摂取してしまいがちです。この習慣を長期間続けることは、体重の増加に繋がります。

逆に、食事の時間を取り分け、意識しながら食事を取ることで満足感や幸福感に繋がり、食べ過ぎを防ぐことができます。素材の味や感触・見た目を楽しみながら食事をすることは、心と身体の健康に影響するようです。

寝る3時間前はできるだけ避けて!!

一日の食事の中で、特に体重の増減に関わるのが夕食です。夕食にどんなものを食べるか、何時に食事をするかで、体重は大きく影響されます。可能な限り早い時間に夕飯を済ませるのが良いですが、仕事や家事の都合で、そうできない人も多いでしょう。そんな時には、寝るまでの3時間は食物を取らないように意識してみてください。胃が食事を消化するためにかかる時間は、一般的に3時間~5時間と言われています。

品川美容外科の提訴について調べる